2008年09月26日

宅建試験とは

宅建試験は、4つの選択肢の中から1つの正解肢を選ぶ

「四肢択一」形式で、50問出題されます。

記述式ではないため、比較的受験しやすいです。

また、学歴等の受験資格がないため、

誰でも受験することができます。

毎年10月が試験日となっています。

試験の申し込みは7月です。

受験料は7,000円です。

合格率は2007年で17.3%。毎年15%前後の合格率です。


ガイアの夜明け 緊迫 不動産不況
posted by takesita at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

宅地建物取引主任者(宅建)とは

土地や建物など不動産の売買・賃貸・仲介を業として行う事を宅建業といいます。
宅建事務所に5人に1人の割合で有資格者を置くように法律で定められています。

ちなみに平成18年度宅地建物取引主任者(宅建)試験の受験生は約19万人。
非常に多いです。

学歴・年齢・経験に関係なく誰でも受験することが可能。

試験日程 10月の第3日曜日
合格発表 11月下旬頃
学習期間目安 3ヶ月〜9ヶ月程度

posted by takesita at 08:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

はじめまして

「宅建」とは略称で正式名称は「宅地建物取引主任者」といいます。

不動産の取引というのは非常に大きな取引のうえ、契約などが複雑です。
これら宅地建物の取引が公正に行われるようにするために 昭和33年に
建設省が作ったことが始まりです。

宅地建物の取引を行う業者は事務所1つに対し5人中1人は宅建所有者を設置
しなくてはならないと定められています。

不動産業界では必須というのも一つの理由ですが
だれにでも受験でき、サラリーマンはもちろん主婦にだって役に立つ内容です。


6ヶ月程度で取得可能とも言われる資格。

しかし、これを1ヶ月間、1日3時間の勉強で、

つまり3時間×30日=90時間

で合格した体験記です。

もちろん、もっと長い期間や時間を使って勉強しても可能なノウハウです。

宅建1ヶ月独学合格体験記。



よろしくお願い致します。

ラベル:宅建
posted by takesita at 09:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。