2008年11月08日

第1回目の「住宅ローンアドバイザー」検定試験

第1回目の「住宅ローンアドバイザー」検定試験は平成17年11月に実施されており、初回実施にもかかわらず1万人以上の受験者がありました。

住宅ローンアドバイザーは制定されて間もない資格であり、国家資格ではなく民間資格です。名称独占(例:マンション管理士でなければ「マンション管理士」と名乗れない)や業務独占(例:医師免許を取得していなければ医療行為ができない)といった、特定の権限を有する資格ではありません。
したがって、住宅ローンアドバイザーでなければ相談業務はできないということではありません。しかし、一定の基準をクリアした「住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー」を名乗って活動することで、消費者に対してより一層の安心・信用を提供できるのものと考えられます。
posted by takesita at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。